水素水で数値正常化!!

猫の病気で一番多く悩まれているのが

”腎臓病”

症状が出にくく、発見が遅れる為

治療が難しい病気とも言われるが

最近では、水素水を摂取する事で

腎機能の数値回復に効果があると言われ

実際にBUNやCREの数値が

回復した例も多く報告されている。

人間も同じように水素水を摂取する事で、

腎臓や膵臓、肝臓の機能回復効果がある

との事だが、実際、何がどうなって、

どう効果をもたらしたのかを、

簡単に説明すると

”水素水(H4O)”は”水(H2O)”よりも多くの

”水素(H)”を持っており、

体内の悪玉活性酸素と結合して

”水”となって体外に排出されるというもの。

この悪玉活性酸素は体の細胞の劣化を

促すもので、細胞が弱まり数が減り、

臓器など機能の不具合を招く。

つまり、水素水を摂取し体内の

悪玉活性酸素を排出する事が

細胞単位での抗酸化作用に

繋がると言う事で、これが、臓器の

機能改善だけではなく、肌や髪など、

さらには視力の回復にまで繋がったと

言われる理由だろう。

このように、猫にも人間にも

良い効果をもたらしてくれる水素水だが

私たちは自発的に飲む事が出来る、

だが猫達はなかなか水を飲む機会が少ない

しかも、水素水は気化が進むに連れ

水素の含有量が減っていく。

では、どのように摂取してもらうか、

試行錯誤の末、毎食時の缶詰の汁は

必ず舐めているのを見て、

それに水素水を混ぜて出して見ると、

これが成功し、殆ど舐めてもらえた。

この方法でしばらく続けてみると、

3ヶ月ほどして、まず変化に気付いたのは

毛艶が良くなってきた事で、目やにも

以前より少なくなり、5匹中1匹だけ

芳しくなかった腎臓の数値も

少しずつだが回復し、担当獣医からは

普通の回復スピードより早いと言って頂けた

食事療法も併せて行っているので、

水素水だけが効果をもたらしたとは

断言できないが、少なからず

良い方向に向かっている事は確かなので

これからも継続していこうと思う。

 

オススメの水素水

ミネラルゼロのスパペッツ
新日本水素の贅沢水素水
伊藤園の高濃度水素水
南阿蘇の高濃度水素水
ハイドリックアクア高濃度水素水